30代から小じわが気になってきた|角質層を強化するケアを

ちょうどお肌の曲がり角と言われる20代後半をすぎて、30代にさしかかってくるころから「小じわ」が気になる方も増えてきます。

角質層の老化によって、乾燥しやすくなりシワが出来やすくなるのが原因です。

解消するには化粧水を使って「角質層」の強化をすることが大事です。

小じわもそうなのですが、30代になると、いろいろな肌悩みが複合的に出てきて困りませんか?

毛穴やしみ・たるみなど人によって違いはありますがいくつかの肌トラブルを抱えることも、珍しくはありません。

ただ、優先して解決したいのは小じわではないでしょうか。

あるとそれだけで2歳も3歳も老けて見えますし、何よりメイクの下から急に浮き出ることもあるので、対処が難しいという点もありますので・・

乾燥するのはターンオーバーの乱れも関係している

お肌のターンオーバーは、表皮で1ヶ月間かけて行われるのはご存じかと思います。

その最終地点が「角質層」なのですが、加齢で肌の生まれ変わり周期が遅くなると、角質層が厚くなってしまいます。

古い角質層が残っているので、肌の水分を蓄える力も保湿する力も弱い状態です。

よく、ピーリングをしてターンオーバーを早めようとする方もいますが、肌を傷める原因になるので辞めた方が良いです。

しかも30代だと、出産や仕事、子育てなど生活環境ががらっと変わって慣れないことが増えてくることもあるので、そうなると睡眠不足・ストレスといったターンオーバーを遅らせる2大要因に該当するので、ますます乾燥がひどくなります。

古くて潤いのない角質層を、いかにして潤わせるのかが、小じわ対策の肝と言えるでしょう。

小じわ対策は、角質層に潤いを与えるのが一番

目元の小じわが気になるのであれば、アイクリームを使ってケアしたり、顔全体ならシートマスクの目元ケアをしている方も多いのではないでしょうか。

アイクリームでは保湿はできても、角質層に潤いは与えられません。

シートマスクは潤いを肌に与えますが、思ったほどの浸透力がシートマスクにはないこと、長時間顔につけていると逆にマスクに水分を奪われることもあります。

一般的に広く行われているケアでも、実は効果がほとんどなかった・・ということが起こりうるわけです。

先程も申し上げたように、加齢や生活環境によって角質層のターンオーバー周期が乱れてしまうことが大きな原因。

もちろん生活リズムを整えたり、ストレス解消することも大事ですが、根本から改善していくには「化粧水」を使って、しっかり角質層を潤わすケアが重要になってくるでしょう。

化粧水選びの際も、ヒアルロン酸が良いですとかセラミドで保湿をするべき、などいろいろな説がありますが大事なのはそこではありません。

成分はどんなものを使っても、そもそも化粧水を顔につけて、角質層まで浸透しているとは限りません。

これがコラーゲンであれば分子が小さいので、浸透しないというのはお分かりだと思います。

ですが一般的な化粧水であっても、簡単には角質層の中にまで届かないのですね。それはなぜなのか。

角質層には『肌バリア機能』という、がいぶからの異物を受け付けないようにして肌を守る役割があります。

これが働いている限り、ただ肌につけても思うように浸透してはくれないのです。

いかに角質層の肌バリア機能を通過させるか。成分が重要になってくるのは、実際に角質層に浸透してからが勝負になりますので。

化粧水・乳液・メイクという順番で毎朝ケアをしていると思いますが、まずはスタート地点である化粧水を見直すことが、潤いを長時間キープするためのカギになります。

保湿しても小じわが消えない!サプリで内側からのケアが必要なワケ>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて