まだ若いのに小じわができる|20代からの肌の衰えと解消法

お肌の衰えはまだまだ先のはず・・なのに、なぜか中年女性のような小じわができて困っていませんか?

小じわができると、その部分からファンデーションがよれやすくなってしまうもの。お化粧直しをできない場所だと、特に困るのではないでしょうか。

そもそも、小じわができると老けて見えるので、なんとかしたい・・

お肌の曲がり角は20代後半といいますが、周りの友達を見ても小じわがある人がいなくて、「もしかして、わたしだけ?」と思ってしまいがち。

「若いのどうして、小じわができてしまうの?」「どう解消すれば良いの?」についてお話していきたいと思います。

1.普通は、何歳くらいから小じわができるものか

まだ20代前半、もしくは10代後半でも「ちりめんじわ」や「小じわ」がしょっちゅうできるケースがあります。

小じわは潤せばすぐなくなる反面、何度でもしつこくでてくるのが厄介なところ。
ファンデの下から突然浮き上がる、なんてことになると老けて見られてしまいます。

まだまだアンチエイジングを意識する年代ではないのに、これはちょっと精神的にこたえるものがあります。

「小じわ」ができるのは、角質層が本格的に衰え始める、30歳が境目といわれています。

もちろんその人の生まれ持った肌の質感や厚み、そして生活環境によって差が出てくるのは当然のことなので、あくまで目安です。

小じわの原因を、もっと詳しくしりたい方 >>

2.20代でも小じわができる理由

お肌の曲がり角と言われるのは25歳~30歳ですが、この段階ではまだ肌の弾力が衰えたり、肌にハリが感じられなくなるという場合が多いです。

20代前半でもできる原因としては、「お肌の乾燥が進んでいること」が考えられます。

仕事をしている女性であれば、乾燥しやすいオフィスだったりテナントの中だったり、常に肌がカラカラになりやすい環境の中で一日を過ごす方もいるでしょう。

そのような環境では、いくらお肌が元気でも角質層が蓄えられる水分量に限界があるので、小じわが出来ても何ら不思議ではありません。

あと若い女性に多いのが、保湿ケアを重視して「保水ケア」をおろそかにしているというところ。

お肌は水分を与える「保水」ケアと、うるおいを閉じ込める「保湿」ケアがあるのはご存知だと思います。保水ケアとして、化粧水をただたくさんつけて終わり・・にしていませんか?

実はお肌に水分をただ与えても、「セラミド」が少ないお肌は乾燥しやすいのです。肌の角質層には「セラミド」といって、わたしたちの体内で作り出される”天然の保湿成分”があるのです。

セラミドはお肌の水分が逃げないように「つかまえておく」働きがあります。セラミドがあってこそ、お肌にたっぷり水分を与えてもうるおいを保つことができるようになるのです。

セラミドはもともと個人差があり、さらに年齢とともに失われていくものなのです。お肌が乾燥しやすい方は、セラミド不足を疑ってみる必要があるかもしれません・・。

-PR-

3.どんな対策をすれば良い?

乾燥しやすい環境にいると、いざ小じわができても対応するのは難しいかもしれません。

メイクの上からミストをするなんてもっての他で、メイクをわざわざ落としてケアするのも現実的ではないでしょう。

小じわが出ないようにするには、毎朝のスキンケアでしっかりと、肌に潤いを蓄えさせるケアが必要です。

朝のスキンケアで、”足りないセラミドをおぎなう”というのも一つです。

セラミドは乳液や化粧水などいくつか種類がありますが、もともとが角質層にあるので、化粧水で水分と一緒に送り届けてあげるのが一般的です。

管理人(私)が実際に使ってよかった「セラミド化粧水」がありますので、そういったものを試してみるのもよいかもしれません。

正直、わたしも化粧水なんてどれも変わらないと思っていましたが・・お肌の吸いつきや持続力が予想以上に良くて驚きました。

実際につかって良かった、セラミド入り化粧水の詳細 >>


PR

おすすめのスキンケア