普通に保湿しても「乾燥小じわ」は消えない!正しいケアの仕方

しっかり保湿しても、小じわがすぐにできてしまう・・

私は30歳をすぎたあたりから、”目尻”や”口元”に小じわができやすなり、困っていました。

いくら保湿してもメイクの下から浮かび上がったり、ファンデがよれてひどいことに

「小じわには保湿が大事!」とよく言われていますが、普通に保湿ケアしても私のように”再発する”可能性が高いです。

「どうして、普通に保湿してもダメなの?」「どんなケアをすればいいの?」気になる疑問にお答えします。

1.小じわができる仕組みと原因(図解アリ)

「小じわは乾燥が原因です」という、『ごく当たり前のこと』がどこのサイトでも書かれています。

そんなこと、ほとんどの女性はご存じなのではないでしょうか。

問題なのは、乾燥したからといって単純に「保湿しただけじゃダメ」だということなのです。

なぜなのでしょう?その前に・・そもそもどうして、乾燥すると小じわになるのでしょうか?

乾燥すると、小じわができる仕組み

この図は、お肌を横から見た図です。

お肌は「角質」という細胞が重なってできていますが、乾燥すると一つ一つの角質が「しぼんでしまいます」。

・しぼんだ「角質」は、重力にまけてそのまま肌の奥に押し込まれます。

・皮膚に「溝」ができたようになり、この「溝」が『小じわ』なのです。

乾燥を防ぐことで、角質が「膨らんで」小じわの溝が見えなくなります。

目元や口元に小じわができやすいのは、どうして?

目の周りや口元など、特定の場所にいつも「小じわ」ができるという方も、多いのではないでしょうか。

なぜかといいますと、目元や口元は「皮膚が薄い」場所のため、お肌が水分を蓄える力が弱いからです。

ごくたまに「頬に小じわ」ができる方もいますが、普段からメイク落としなどで摩擦や刺激を与えすぎると皮膚が固くなり、乾燥して小じわができることがあります。

2.保湿しても「小じわ」が消えない原因は?

お肌の中に、水分がしっかり入っていない

保湿ケアといっても、ただ「お肌にフタをする」ケアばかりしていませんか?

プチプラの化粧水をバシャバシャつけて、乳液やクリームでフタをして・・という方も多いのではないでしょうか。

お肌の中にたっぷり水分が入っていないのに、保湿をしっかりしてもムダなのです。

お肌に水分を入れるのは「化粧水」ですが、「セラミド」がしっかり入っていないと、すぐに蒸発して逃げやすくなるのです。

セラミドには「お肌の水分をつかまえておく」働きがあります。もともと私たちのお肌にも「セラミド」があるのですが、年齢とともに減っていきます。

私も以前は化粧水は「質より量」だと思っていましたが、セラミド入りのものに変えたとたん、お肌が明らかに乾燥しにくくなりました。他のスキンケアは変えていないので、化粧水のおかげだと思っています。

水分さえお肌にたっぷりあれば、極端な話、乳液だろうがクリームだろうがしっかり潤いは保つことができます。もちろん保湿をすることは必須なのですが。

私が使ってよかった、セラミド入りの化粧水 >>

お肌の弾力不足で、皮膚が凹んだままになる

ここでもう一度、先ほどの図を見ていただきたいのですが。

角質がしぼむと「めりこんで」しまい溝ができますが、角質の下にある皮膚も、年齢とともに弾力がなくなります。

お肌の弾力がなくなると、「跳ね返す力」が弱くなるので、めり込んだ部分が「さらに深く」なってしまうのです。

お肌の弾力を生み出している場所には「コラーゲン」があり、コラーゲンは紫外線のダメージや加齢によって数が少なくなり、「小じわを深く」させてしまいます・・。

~まとめ~

●お肌のセラミドが足りない
●加齢や紫外線でコラーゲンが減り、「弾力不足」で小じわが深くなる

ことが、「いくら保湿しても再発する」原因になっているのです。

3.夕方に「小じわ」が浮き出てきた場合は?

お仕事中や、外出しているときに「小じわ」が浮き出た経験、ありませんか?

ファンデがよれてしまったり、その部分だけお肌の質感がガサガサになると、すぐにでも家に帰りたくなったものでした・・。

一からお化粧直しすればいいのですが、一度外に出るとそんな余裕はないですよね。

外出先での応急処置には、どんなケアをすればよいのでしょうか?

小じわを目立たなくする応急処置のやり方

・小じわが出た場所に、「乳液」を薄くぬる
・上からパフを使って、フェイスパウダーで周辺をカバーする

ことをオススメします。

基本的には「隠そうとして、やりすぎない」ようにしましょう。

コンシーラーやファンデで治すのはどう?

「コンシーラー」で溝を埋める方法もありますが、周辺との間に色むらが出やすくなりかえって目立ちます。

「ファンデーション」で全体をカバーしても、どうしても厚塗りになるので乾燥しやすくなり逆効果です。

ちなみに「化粧水」を使うとすぐに蒸発してしまい、蒸発の際に顔の水分も奪われるのでNGです。

4.「小じわ」の”再発”を防ぐケア

小じわが出てこないようにするために、どういった保湿ケアをすれば良いのでしょうか?

ポイントは「とりあえず化粧水や乳液、クリームをただ使えばいいってもんじゃない」ということです。

洗顔 編

洗顔で「お肌にうるおい」を与えることはできませんが、「水分を逃がさない」ように気を付ける必要があります。

摩擦があると肌が固くなる

顔を洗う時に、皮脂汚れを落とそうとゴシゴシ力を入れたくなりますが、こするとお肌が固くなります。

肌は摩擦などの刺激に弱く、身を守るために「肌を固くして、身を守ろうとする」働きがあるのです。

お肌が固くなると、スキンケアで水分が入りにくくなります。

熱いお湯で洗うと、皮脂が逃げる

お湯は少し”ぬるい”くらいの温度で洗いましょう。なぜなら、熱いお湯であらってしまうと、顔の皮脂が溶け出してしまうからです。

洗顔料選びにも注意を

洗顔料も、できるだけ洗浄力がやさしい弱酸性のものを使いましょう。

間違ってもボディー用のものを洗顔料代わりにしないこと。全身と顔の皮膚の厚みは違うので、洗浄力が強すぎて皮脂が奪われてしまいます。

スキンケア編

小じわには「セラミド」化粧水

プチプラのものをたくさん使うよりも、「セラミド入りの化粧水」を適量使った方が、お肌はうるおいます。私が実際に使っていますが、確実にお肌が乾燥しなくなっているのを実感しています。

セラミド入りといっても、安い化粧水には「人工的なセラミド」を使っていることが多いので注意しましょう。人間の肌のセラミドと同じ「ヒト型セラミド」を使っている化粧水がおすすめです。

管理人が実際に使ってよかった、セラミド化粧水 >>

保湿はクリームがおすすめ

化粧水でたっぷりお肌に水分を与えたあとは、当然保湿が必要になります。

使い心地によって「乳液派」と「クリーム派」に分かれると思いますが、できるだけ保湿力が強い「クリーム」を選ぶことをおすすめします。

どうしてもベタベタ感が気に入らなければ、顔全体は乳液を塗り、目じりや口元など「気になる場所だけワセリン」をポイントで塗ってからメイクすると良いでしょう。

メイク 編

小じわが出てくるのを防ぐには、メイクアイテムの選び方・使い方も大事です。

化粧下地は乳液タイプのものを

ファンデの前に、小じわができそうな場所だけ「化粧下地」を塗ることをおすすめします。

下地というと「おしろい」のようなイメージがあるかもしれません。ですが最近では、『乳液タイプの化粧下地』もたくさんありますので、潤いを与えつつカバーできるものを選びましょう。

ファンデーションの塗り方

ファンデーションは、基本的に厚塗り厳禁です。薄く伸ばすことを心がけてください。厚みがあればあるほど乾燥しやすくなります。

できればリキッドタイプのファンデーションを使うことをオススメします。粉タイプよりも潤い成分が入っている分、乾燥しにくくなるからです。

コンシーラーは極力使わない

すでに小じわができている場合でも、コンシーラーを使うのはおすすめできません。

やはり「塗っている感」が出やすいため、一生懸命隠そうとすればするほど目立ってしまうからです。

コンシーラーで隠すよりは、ファンデの後にフェイスパウダーで小じわ周りを散らして使う方が目立ちません。

5.管理人おすすめの、保湿アイテム

わたしも年々小じわができやすくなって困っていました。特に日中は、乾燥したオフィスにいるので、すぐお肌がカサカサになり小じわも浮き出やすいのです・・。

「保湿にはセラミドがよい」ことを知り、セラミド入りの「ヒフミド」という化粧水を使ってみたところ、ウソみたいに小じわが出てこなくなりました。

今までは、ファンデーションを塗っても「小じわ」がすぐ浮き上がることがあったのですが、これにしてからはメイク後もツルツルしたお肌をキープできています。

夕方になると口回りが乾燥してカサカサしているのが、メイクの上からもわかるくらいでしたが・・今は、うるおいを保てています。

私が変えてみたのは化粧水だけです。乳液、リキッドファンデ、パウダーはいつも愛用しているブランドのを使っているだけなので、セラミドの力が想像以上で驚きました。

「化粧水って、たくさんつけてナンボ」と思っていたのですが・・

実はヒフミドを使う前までは、同じセラミド入りの「キュレル」を使ったのですが、メイクをした後にすぐカサカサするほど乾燥し、結局すぐに使わなくなりました・・

ヒフミドもキュレルも「セラミド」入りなのですが、ヒフミドは「ヒト型セラミド」という浸透力の高いものを使っています。そのあたりの差が、保湿力の差になっているのかな?と思います。

ヒフミド >>

ヒフミドの使い心地は?

化粧水なのに、ほんの少しの”とろみ”があって、お肌につけていてもたれてこないので使いやすいです。

とろみといっても、べたべたするほどのようなしつこさがないです。サラサラとべたべたの中間くらいのイメージでしょうか。

お肌になじませた後、指で触ると「ツルツルして、薄い膜がはったような感触」を感じます。今までの化粧水は、ただ肌を濡らしているような感じだったのですが・・これが保湿力の高さなのでしょうか。

「しっかりスキンケアをしているはずなのに、いつも小じわができてしまう」という方は、一度セラミド入りの化粧水を使ってみることをオススメします。

いきなり買わずに、トライアルセットがあるブランドのもので使用感を確かめると失敗しませんよ。

ヒフミド トライアルセット >>

セラミド

PR

おすすめのスキンケア