保湿しても小じわが消えない!年齢肌のケアに大事なのは保水

夕方から小じわが浮きでる。人に近づかれるのが怖い

私は30歳をすぎたあたりから、目の周りとか法令線周りに小じわができやすくて困っていました。

お肌の曲がり角を過ぎているのは自覚しているけど、それでも何とかしたいもの。

メイクの下から浮かび上がったり、ファンデがよれてしまうから小じわって厄介。むしろ、すっぴんの方がマシかもしれない。

保湿系のスキンケアを試したり、いろいろファンデを変えてきている方も多いのではないでしょうか。

ケアしても小じわができるなら、「保湿重視」のケアを見直す時が来ているかもしれません。

「どうして、がんばってケアしても小じわができるの?」「どんなケアをすればいいの?」気になる疑問にお答えします。

1.小じわができる原因は?

そもそも、「小じわ」とはどういったものなのでしょう?

わたしたちのお肌は、たくさんの「角質」からできています。お菓子のミルフィーユのように「層」になって、「角質層」を作っているのです。

角質は、細胞間脂質という”細胞同士をくっつける、接着剤のようなもの”でくっついています。ところがお肌が乾燥すると、細胞間脂質が水分と一緒に逃げてしまうのです。

その結果、角質と角質の間に「スキマ」ができてしまいます。

スキマが入った状態は、人間の目から見ると「ヒビが入ったように」見え、これこそが「小じわ」の正体なのです。

乾燥して「スキマ」ができた小じわは、さらに紫外線によってお肌の土台となる「コラーゲン」が破壊され、ますます「スキマ」が深くなってしまいます・・。

2.保湿をしても乾燥するのは「保水」不足

「一生懸命、保湿しているけれどすぐに小じわができてしまう・・。」

たしかに潤いを逃がさないようにするための「保湿」ケアは大事なのですが、それでも乾いてしまうのには『原因』があります。

「保湿」ばかりに気をとられて、「保水」ケアがおそろかになっていませんか?

お肌に”油分”を与えてフタをする「保湿」よりも、お肌に”水分”を与える「保水」がおそろかになっている可能性が高いのです・・。

わたしも以前は保湿重視で、化粧水はプチプラで美容液や乳液にお金をかけていましたが、お肌は乾燥するばかりでした。

ところがコスメカウンターでお肌の水分量チェックをしてもらったときに「油分が多く、水分が少ない」という判断が出たのです。

「いくらお肌をしっかり保湿しても、水分がなければ”カラカラのバケツ”にフタをしているようなもの」。とBAさんに言われてしまいました。

“保湿の強化”には「セラミド」ケア >>

3.「保水」不足の原因はセラミドにあった

「でも、化粧水もしっかり付けているし、シートマスクも寝る前にしている・・」という方も多いと思います。

しっかりうるおいを与えているつもりでも、乾燥して小じわができてしまうのは、「今までのケアが通用しなくなった」証拠でもあるのです・・。

化粧水でいくら水分を入れても、若いうちはそれでお肌の水分をキープできます。なぜかというと、若いころは「セラミド」がお肌にたくさんあったからなのです。

セラミドというと「化粧品に配合されている成分」のイメージが強いかもしれません。もともとは、わたしたちのお肌にある保湿成分として働いています。

角質細胞の間にある「青い粒のようなもの」がセラミドとお考え下さい。セラミドには、お肌の水分を外に逃がさないように『つかまえておく』働きがあるのです。

だから、お肌に化粧水をバシャバシャ入れるほど、水分が逃げずにお肌にとどまるから潤う。でも、セラミドは年齢とともに減少していきます。

20代からその数が減っていき、50代になると20代の半分になると言われています。だから、年齢を重ねるほど「ただ化粧水をたくさんつける」だけでは通用しないのです・・。

「お肌のセラミドをおぎないつつ、水分補給もしっかりしてあげる」というケアがとても大事になってきます。

ポーラグループのあのスキンケアも、実はセラミド入り >>

わたしが実際につかって良かった、セラミド入りのスキンケア

お肌のうるおいをキープするには、「セラミド」入りのスキンケアを使ってみるのも一つです。

セラミドが入ったスキンケアで、わたしが実際に使ってよかったと思えたのは小林製薬の「ヒフミド」というものです。

お肌への浸透力が高い「ヒト型セラミド」を使っていることを知り、ちょうどトライアルセットがあったので、試してみることにしました。

いつもはメイクの前に”頬周り”を指で触ると「しわの凹凸による”段差”」を感じていました。

ところが「ヒフミド」を使ってみたところ、まるでお肌に”薄い膜”が張っているかのように”つるん”としていることに驚きました。

わたしが使ったのは「ヒフミドの化粧水」です。

実際に使ってみたのですが、わずかな”とろみ”があってお肌に吸い付くような感覚です。いつも使っていたプチプラの化粧水ですと、サラサラで顔に塗っても液だれしていました。

お肌への感触が残るというのが新鮮で、「保湿力があるものって、こういうことなんだ」と思いました。

だからといってベタベタすることもなく、触った感触がツルツル。

わたしは保湿は『乳液派』なのですが、ヒフミドには「保湿クリーム」しかありません。そのため、「ヒフミドの化粧水」と「手持ちの乳液」という保湿ケアを続けていきました。

普段使っている乳液はそのままでも、化粧水一つ変えるだけで違うものなんだな、と実感しました。

ヒフミドはトライアルセットもあるので、「化粧水と手持ちの乳液」または「化粧水とクリーム」を使い比べしてみても良いかもしれません。

ヒフミド「トライアルセット」 >>

ヒフミドのクリームの詳細を知りたい方 >>

-PR-

おすすめのスキンケア

注目の記事

セラミドの化粧水

PR