デコルテをきれいにする為の3つのケア|首のしわがどうしても気になる方

首から鎖骨にかけてのデコルテ部分に「しわ」ができて気になる場合、どういったケアをすれば良いのでしょうか。

しわができる原因と、効果的な3つのケアについて紹介したいと思います。

1.どうしてデコルテにシワができる?

「首」同様、デコルテ部分も年齢が出やすい場所でもあります。

しわが見えるとなると、いくら顔のケアがばっちりでも、すべてが台無しになります。

手の甲、デコルテ部分。老けて見えやすい部分だけ、なんとか隠したいものです・・。そもそもなぜ、デコルテにシワができるのでしょうか?

シワができるのは、デコルテが乾燥しやすい環境にあるからです。

もともとの皮膚が、首回りや鎖骨回りは”薄い”のです。皮膚が薄いことで、水分をたくわえる角質層も薄っぺらいのです。

同じデコルテでも胸元近くに行くと、皮膚の厚みが増すのですが、それより上の部分になると皮膚が薄くなっています。

皮膚の薄さ以外にも、外部の環境も影響しています。

紫外線を浴びることにより角質層がダメージをうけ、潤いを保つ機能が低下します。

普段から体を洗うときにこすりすぎて、皮膚が自らの身を守るために”固くなる”ことも原因の一つです。

皮膚が固いと、化粧水でしっかり肌をうるおしたつもりでも、水分が入っていきません。なので乾燥しやすくなるのです。

2.しわを無くすための、3つのケア

具体的に、乾燥を防ぐためのケアを見ていくことにしましょう。

①紫外線対策をしっかりする

季節を問わず、1年中紫外線は降り注いでいます。

首元がゆるく空いた服装にする機会も、少なくないと思います。

お出かけ前に、顔に日焼け止めを塗るのは当然のこととして、デコルテ周りも入念にケアしましょう。

②体を洗うときは、無添加ボディーソープ

汚れを落とそうと、無意識のうちに首周りを「ゴシゴシ」する方も多いです。

肌に刺激となり、皮膚が身を守るために固くなります。

皮膚が固くなると、スキンケアしても角質層に潤いが届きにくくなります。

柔らかい力で、やさしく洗ってあげましょう。

また、石油系界面活性剤を使ったボディーソープだと、皮膚の皮脂を奪い取ってしまいます。

石油系界面活性剤とは、洗浄成分に「石油」を使ったものです。原料代が安く済みますが、刺激が強いものですので避けた方がよいでしょう。

無添加のものを選んで洗うのが、一番無難です。

③スキンケアは「化粧水」がカギ

スキンケアが最も重要といえる部分です。

冒頭でもお話したとおり、デコルテ周りは皮膚が薄いので角質層も薄くなります。

角質層はおおまかに言いますと、細胞と、細胞の間の水分がミルフィーユの「層」のように積み重なっています。

皮膚が薄いために、水分が蓄えられる量も少ないですし、薄い分だけ”すぐに逃げやすい”のです。

すでに、デコルテ周りをネッククリームでケアされている方も多いと思います。

保湿をする以前に、化粧水でしっかりと水分を肌に届けることを優先させましょう。

スキンケアの際に、デコルテにまで化粧水をしっかり伸ばしてつけていますか?顔と同様、しっかり水分を与えるケアをおろそかにしないことが大事なのです。

注意点は、皮膚が薄いので「量をたくさんつけても、思うように水分が蓄えられない」という点です。プチプラの化粧水をたくさんつけるのもよいのですが、あまり効率がよくありません・・。

化粧水を与える量を増やすよりも、保湿力が高い化粧水に切り替えることをおすすめします。

管理人が使ってよかった、化粧水

デコルテのケアをするなら、「ヒフミド」という小林製薬の化粧水を個人的におすすめします。

「セラミド」が、お肌に水分を与えながら「水分をにがさない」保湿機能もあるということを知り、使っていました。


ヒフミド エッセンスローション

顔につけたあと、いつも化粧水があまっていたので、デコルテ周りにささっとなじませていました。

はじめの目的は「顔の保湿」だったのですが、意外なことに指でデコルテ周りを触ると”ツルツル”しているのです。

「ついで」につけていたのですが、見た目にも”しわしわ・カサカサ感”が目立たなくなり驚きました。

ネッククリームは昔から使っていましたが、それでも乾燥していたのと、こまめにつけるのが面倒でさぼり気味でした・・。

「ヒフミド」の化粧水は、無色透明で無臭です。化粧水なのにサラサラしてなく、わずかな”とろみ”がありました。“とろみ”があってもべたつきがなく、お肌に吸い付くような感触が気持ち良かったです。

セラミド入りの化粧水を使うのははじめてでしたが、お肌の触った感触の良さに驚いています。

デコルテだけに化粧水を買うのはもったいないですけど、”スキンケアのついで”に使ってみると経済的かもしれません。

ちなみにヒフミドはトライアルセットもあるので、いきなり化粧水を買うよりもまずはお試しすることをオススメします。

ヒフミド トライアルセット >>

セラミドについて、もっと詳しく知りたい方 >>

-PR-

おすすめのスキンケア

注目の記事

セラミドの化粧水

PR