出産を機に全身のシワが目立つ|産後に出る原因とケアの仕方

産後急に、肌の衰えを感じてシワだらけになってしまう。ナゼそうなるか?どうケアすれば良いか?について紹介します。

お腹に子供がいる妊娠の苦労を乗り越えて、体はスッキリ。これからの子育てに希望を膨らませつつ、その一方で産後に感じる自身の変化に気がつく方も多いです。

お腹や首などの全身にシワができたり、目の下や頬などがシワシワおばあちゃんみたいになってしまう。そういうケースも人それぞれですが、多かれ少なかれあります。

妊娠中より明らかに肌が劣化したように感じていませんか?ここではまず、そうなってしまう原因について紹介します。

出産するとシワが増える原因

エストロゲンの減少

授乳するとシワが増えるページでも紹介しましたが、一番大きいのは女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の減少です。

エストロゲンが減少するのは、産後は胎盤がなくなることも影響して、女性ホルモンの分泌が不安定になります。エストロゲン自体が減少するケースが多いんです。

大豆を多く含む食事を採るようにする。ただ過剰摂取は子宮の疾患の原因になるので、ほどほどに。毎日の食事で、少しずつとることを心がければ大丈夫です。

あとは産後のホルモンの分泌は元に戻ってきますので、あせらないことです。エストロゲンは代謝にも関わってきますので、肌自体が元気がないことが多く余計にシワが目立ってしまいます。

加齢による肌老化

出産にばかり気をとられがちですが、年齢を重ねて自然にコラーゲンが減少することも一つです。お肌は25歳を過ぎたら老化がはじまっていきます。なので普段からレチノールやビタミンC誘導体などのスキンケアで、コラーゲン減少を食い止めましょう。

-PR-

お腹のシワが目立つ場合

産後はお腹の皮が一気に伸びきってしまいます。赤ちゃんがお腹からでていくと、その分お肉や皮があまってシワのような線になって見えます。

スキンケアクリームやボディクリームで、こまめにマッサージをすることが必要です。産後は、急激にダイエットしたかのような状態になります。なのでシワが目立ってしまうんです。

-PR-

シワを解消するスキンケア⇒

おすすめのスキンケア

注目の記事

セラミドの化粧水

PR