ヘパソフトの薬用ローション使った感想・口コミ|乾燥肌や敏感肌には効く?

私はアラサーの女ですが、小さいころからの慢性的な乾燥肌で悩んでいました。年齢を重ねてからは乾燥肌だけではなく、かなり敏感肌になり悩みは尽きません。

顔に小さいぷつぷつができることが多く、その治療のために、ステロイドを塗っていました。

ステロイドを半年ほど使ったところで、急激に発疹と赤み・ほてりがでました。皮膚科を受診すると「酒さ様皮膚炎」という『ステロイドによる酒さ』と診断されました。

それからは、顔中のぷつぷつと赤み・ほてりがずっと続いていました。それまではワセリンのみでしのいでいましたが、かなり赤み・ほてりが落ち着き、今は乾燥が気になっています。

そんな乾燥性敏感肌の私が、ヘパソフトを使ってどうだったのかについて紹介したいと思います。

1.ヘパソフトの薬用ローションを買った理由

酒さ様皮膚炎の状態が落ち着いてきたので、そろそろスキンケアを始めたいと思い買いました。

今までは皮膚科でもらった「ビーソフテン」のクリームを使っていましたが、顔用というよりは体に塗るクリームという感じでした。

ビーソフテンのローションも試したのですが、さらっとしたテクスチャで私にはちょっと物足りず、ヘパソフトの顔ローションを選びました。

ヘパリン類似物質が入った化粧水やクリームはいろいろありましたが、ヘパソフトのワセリンを微細化してしっとりとした使い心地という部分が気になって選びました。

また、顔用というところにも安心感がありました。ヘパリン類似物質のクリームの中には、「顔への使用は避けるように」と書いてあるものもあります。

口コミなどで顔への使用に問題はないとありますが、何となく心配なので「顔用」で使えるヘパソフトはありがたいです。「顔の乾燥トラブル対策に」と書いてありますしね。

2.普段、ヘパソフトをどういう風に使っている?

朝夜の洗顔後、手のひらに10円玉大くらいをとり、手のひらで十分伸ばし、顔全体にペタペタとつけています。

テクスチャは化粧水というより乳液です。わたしの肌は「敏感肌&酒さ様皮膚炎」ですので、刺激を与えないよう、すりこんだりはしていないです。

ワセリンを顔につけるのと同じ感じで、手のひらに十分ヘパソフトを伸ばして優しく「ペタペタ」するという感じです。

本当に表面にちょっとついてる、くらいなのですが、乾燥を感じにくくなるのでとても助かっています。

お値段もお手頃でコスパがよいので、冬は乾燥しがちな膝やすね、剃刀でムダ毛を処理した後などは全身にも使っています。

3.ヘパソフトの薬用ローションの使い心地・色・香りなど

液体自体はさらっとした乳液という感じで、液だれしません。ちょっと日焼けどめに似た特徴のあるテクスチャーで、手に取るとちょっと皮膚をはじくような感じがします。

クレヨンの上に水彩絵の具を垂らした時のような見た目なので、はじめは「伸びが悪いのかな?」と思いましたが、伸ばしてペタペタするとどんどん伸びます。

使い終わった後の感覚としては、若干べたつきはあります。べたつきというより、すごくしっとりするという表現のほうがいいかもしれませんが、若干のべたつきがあるほうが好みなので私にとってはちょうどいいです。

ティッシュペーパーが貼りつくまでのべたつきではありません。夜に塗って、朝起きてもしっとりという感じです。

つけた時のお肌の感覚としては、肌がもちっとしている感じです。「保湿した!」という感じがして好きです。

香りは無香料です。気になりません。

4.肌の悩み(ニキビや肌荒れ)への効果

保湿に関しては良いと思います。他のヘパリン類似物質クリームなどと比べて”すごく保湿される”というわけではありませんが・・。

ワセリンベースを強く感じる商品なので、肌が保護されている感じが他の商品より感じられます。特に朝起きたときに、顔がカピカピした感じになるということはヘパソフトではありませんでした。

まだまだ、肌が完全に健康な感じではないので、なんとも言い難い部分もありますが保湿に関してはとても良いと思います。

ボトルが小さいわりに、長く使えているのでコスパ面も悪くないと思います。

私は外出先で化粧直しをするときは、ヘパソフトを少なめに塗りなおしてからファンデーションを塗っているので、持ち運びにも便利な点も気に入っています。

5.ヘパソフトの薬用ローションの副作用や、気になる点など

これはヘパソフトに限ったことではないかもしれませんが、ヘパリン類似物質は血行促進しますので、顔の赤みやほてりがひどいときに使うと悪化してしまうので注意が必要です。

私のような酒さ体質を持っている人は、肌の状態を見極めて使ったほうがよいと思います。

効能ににきびを防ぐとありますが、あくまで「にきびを防ぐ」ものであって、できてしまったニキビには塗らないほうがよいと思います。

大き目なニキビで熱を持っている、赤く炎症しているような時は使用を控えたほうがおすすめです。

私は気にならないのですが、べたべたする感じが嫌な方にはあまりオススメできません。「ワセリンのべたつきが苦手!」というかたは「足りるかな?」と思うくらいの”うす付け”からはじめて、適量をつかむとよいと思います。

おわりに

「最近、乾燥がひどい」と妹が言うのでオススメしましたが、気に入って使っているようです。

私は結構ひどい敏感肌だと思うのですが、こんな私でも酒さの症状が落ち着いているときは難なく使えるので、人にもオススメできると思います。

保湿力についてはさすが、ヘパリン類似物質という感じなので、乾燥肌の方は一度試してみてほしいです!!

PR

おすすめのスキンケア