すぐ乾燥するのは化粧水選びに問題あり!浸透力のあるものを

化粧水を毎朝のスキンケアでしっかり付けても、時間がたたないうちに乾燥するには「化粧水」自体に問題があります。これを付け方の問題と考える方も多いですが、根本の原因は化粧水。そもそもいくら工夫しても角質層に入っていかないものは入らないのです。この状態を解消するには、本当に浸透する化粧水に切り替えることが必要です。

すぐ顔が乾いてしまうのは、化粧水に限らない

朝のスキンケアで、短時間でパパッと潤いを補給して、その状態を一日維持させる。これができれば苦労しませんが、世の多くの女性は同じ悩みを持っています。「すぐに乾燥して、何をケアしてもうまくいかない」と。

一般的なケアは、化粧水を使って仕上げに乳液という流れになります。乾燥がひどい人だと、スキンケア前の洗顔の段階から顔がつっぱるという方もいるみたいですが。化粧水を付けて、肌が潤っているように見えても、乳液の段階から肌のかさつきを感じたり、ファンデを塗った途端にパサパサになってしまったり。

時間に若干の余裕があれば、スキンケアを一からやり直すというのも手ではあります。ですが現実問題、そこまで何度もやってられませんよね。化粧水をつける段階で、しっかり肌に潤いが蓄えられていないから、いつでも乾いてしまうのです。

乾燥しにくいスキンケアの仕方

何度も申し上げるように、根本となる原因は化粧水が浸透していないからです。肌には表皮と真皮がありますが、表皮の一番表面の層が角質層になっていて、ここを構成する角質細胞に潤いを与えなければなりません。

それを小手先のケアで何とかしようとしても、たいていの場合はうまくいきません。よく言われている「量をたっぷりつける」ケアだったり、「時間差で重ねづけをする」ケアだったり。少しでも肌にたくさんの量を、そして奥まで押し込もうとする気持ちはわかるのですが、それでは十分に潤すことが難しいんですね。

角質細胞に水分を届ける前に、「肌バリア」が立ちふさがっているからです。だから外部からたくさん水分を与えても、手前でそのほとんどがはじかれてしまいますし、コットンで押し込むようにケアしても、水分が通過するようにはなりません。

むしろ、肌に水分を入れようとして無理にコットンで皮膚を押しつけたり、手でパッティングしたりすると肌が刺激を完治し、角質が固く長くなってしまう「角質肥厚(かくしつひこう)」と呼ばれる現象を引き起こす可能性もあります。なので、あまり無理なケアをするのは控えた方が良いかもしれません。

肌バリア機能は、人間誰しも持つ機能で、外部からの異物や紫外線からお肌をケアする機能です。化粧水といえども、体は何か余計なものが入り込んできたと完治してしまうんです。100%ブロックはしないので、いくらかは浸透しますが、それでも角質細胞が潤うレベルにまでは、水分を供給することができないんですね。

付け方を工夫しても無理がありますし、化粧水でセラミドがよいだのヒアルロン酸が保水力があるだのと言われていますが、実際は潤いを与える成分以前の問題なんです。

どういう化粧水を使えば良い?

角質細胞にたっぷり水分を蓄えさせる方法としては、2つあります。まず1つは、ブースター化粧品というものを使うこと。これは、化粧水の前にあらかじめ肌に塗ることで、水分が通りやすくなる道を作る効果があるものです。またの名前を「導入美容液」とも呼んでいます。

角質自体を柔らかくして、肌バリアがききにくくしたり、バリアが働きにくくなるように肌が持つ水分に近い成分を使ったり。いずれにしても、あとに使う化粧水が、スムーズに角質層に浸透するお手伝いをするのがこのアイテム。

特段この化粧品を使うことで、お肌に対する心配はありません。ですが1つネックなのは「今までのスキンケアにプラスワン」するところです。純粋に、毎月使う化粧品が一つ増えるので、お財布の負担もそれだけかかってしまうというところが問題になってきます。もちろん、毎朝の一工程増えるという手間の問題もあるのですが。

もう一つの方法としては、肌にしっかり浸透する化粧水を使うこと。肌の内側にもともとある潤い成分に近いものを配合した「オルビスのアクアフォース」と呼ばれる化粧水なら、浸透しにくい問題も改善することができますよ。

化粧水ってどれも同じようにみえますし、たくさん使うから安い方がいいかなと思ってしまいがち。でも大事なのは使う量ではなくて、いかに角質細胞に届けられるものを使うかなのですね。

オルビスは安くはないですが、だからといって毎月の負担ががくんと上がる程のお値段ではありません。その辺を考えると、浸透美容液(ブースター)を購入するよりも、断然お得なのは確かですし、今使っている化粧水を切り替えるだけなので負担もありませんしね。

オルビスのアクアフォースは、独自のブレンド水というのを使っていて、もともと人間の肌の中にある成分に近いものを開発して、それを配合しています。だから角質層が異物と判断せずに、すーっと浸透しやすくなるんですね。これであれば、いくらつけても肌バリアではじかれることもなさそうです。

肌を潤しながら角質層に浸透していくので、これだけでも十分な気がしますが、もう一つ工夫されていることがあります。それは、角質層から水分が逃げにくくなるように、独自成分も配合しているというところなんですね。ラミナリアAという聞いたこともない成分ですが、これが角質層を構成する角質細胞同士を密着させる効果があるのです。

角質細胞は、その間にセラミドという水分で覆われているのですが、角質細胞自体をぴったりくっつけることによって、保湿効果が格段にアップするようです。今までの化粧水にせよ、美容液にせよ、単純に肌にうるおいを与えるだけだったと思いますが、そうではなくて肌細胞に直接働きかけるという新しいアプローチが出来るものなんですね。

お肌に合う物を配合するというよりも、お肌自体が合うように変えていくという斬新な化粧水です。オルビスというブランドも知名度がありますし、安心感がありますよね。

アクアフォースはトライアルセットがありますので、まずはお試しでその浸透力を確かめることができます。どうケアしても、潤いが続かなかった・・という方は、是非一度トライしてみてはいかがでしょうか。


お肌の調子、最近悪くなっていませんか?

「どうも、お化粧のノリが悪い」「疲れたらすぐに肌が荒れる」

朝から育児に家事に忙しくしていると、なかなかお肌の手入れまで回らないかもしれません。

ですがお肌の衰えは確実にやってきますし、肌の調子が悪いのをほおっておくと後でツケが回ってくるかもしれません。

特に日々イライラしたり、疲れることが多いとますますお肌の調子は悪くなります。

女性は特に30代から「同じ年齢でも、見た目に差がつく」ようになります。

同窓会にいっても、ずっと若々しくて憧れる人と、「疲れちゃったな・・」という人の差が目立つもの。

「忙しいから・・」ということで、ケアを後回しにしていると、どんどん回復させるのが難しくなります。

このまま「疲れたオバサン」になるのは、避けたいものです・・。

忙しくても、しっかりお肌のお手入れをしたい。でも忙しいし、化粧水や乳液も肌に入っていかない・・そんな方は、下記のページを参考にしてみてください。

お肌の調子が悪い"本当の原因"と、若さをキープするケアについて >>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて