まだ若いのに小じわができる|20代からの肌の衰えと解消法

お肌の衰えはまだまだ先、とも言える年なのに、なぜか中年女性のような小じわが出来て困る人がいます。

これはどういう理由でできるのか、また効果的な解消法はどうすれば良いのかについて紹介します。

1.普通は、何歳くらいから小じわができるものか
2.20代でもできる理由
3.どのように対策をすれば良い?

1.普通は、何歳くらいから小じわができるものか

まだ20代前半、もしくは10代後半でも「ちりめんじわ」や「小じわ」がしょっちゅうできるケースがあります。

小じわは潤せばすぐなくなる反面、何度でもしつこくでてくるのが厄介なところ。

ファンデの下から突然浮き上がる、なんてことになると老けて見られてしまいます。まだまだアンチエイジングを意識する年代ではないのに、これはちょっと精神的にこたえるものがあります。

「小じわ」ができるのは、一般的には角質層が本格的に衰え始める、30歳が境目と言われています。

もちろんその人の生まれ持った肌の質感や厚み、そして生活環境によって差が出てくるのは当然のことなので、あくまで目安です。

2.20代でもできる理由

お肌の曲がり角と言われるのは25歳~30歳ですが、この段階ではまだ肌の弾力が衰えてシワの跡が残りやすかったり、肌にハリが感じられなくなるという程度の場合が多いです。

20代前半でもできる原因としては、「普段から乾燥しやすい環境にいること」「紫外線の影響を受けている」この2つが、考えられます。

仕事をしている女性であれば、乾燥しやすいオフィスだったりテナントの中だったり、常に肌がカラカラになりやすい環境の中で一日を過ごす方もいるでしょう。

そのような環境では、いくらお肌が元気でも角質層が蓄えられる水分量に限界があるので、小じわが出来ても何ら不思議ではありません。

あとは紫外線ですが、これも日焼け止めクリームを一度塗って終わりにする方が多いです。

日焼け止めは持続時間がありますので、長時間外にでるときにそれを計算に入れて塗り直す割合が少ないもの。そうなると紫外線は皮膚にダメージを与えて、コラーゲンを破壊する以外にも角質の表面を固くしてしまいます。

固くなった角質はしわになりやすく、すぐに潤せない場合はそのまま小じわとして跡が残ってしまうケースもありますので、注意が必要です。

3.どのように対策をすれば良い?

紫外線ケアはすぐにでも改めることはできますが、乾燥しやすい環境にいる女性の場合、そうもいきません。

メイクの上からミストをするなんてもっての他で、メイクをわざわざ落としてケアするのも現実的ではありません。

小じわが出ないようにするには、毎朝のスキンケアでしっかりと、肌に潤いを蓄えさせるケアが必要です。

乾燥するとすぐに保湿というイメージをされるかもしれませんが、その前段階のケアがとても重要なのです。

小じわで悩む方は、化粧水のケアが最も重要と言って良いでしょう。化粧水なんてどれも同じ、という認識から改めなければなりません。

市販の化粧水のほとんどは、角質層に浸透していきません。一見浸透しているように見えても、肌の表面で留まっているのです。

角質層にしっかり潤いを送り込まなければ、いくら保湿でフタをしても意味がないんですね。バケツの中が空っぽなのにも関わらず、一生懸命水がでないように働きかけるのはナンセンス。

ブースター化粧水も良いですが、そこまで導入用のものを買わなくても、市販の化粧水で良いのがあります。

オルビスのアクアフォースと呼ばれるスキンケアをご存じでしょうか。

お値段は市販の化粧水とさほど変わらないのに、浸透力がしっかりしているところが良いです。肌なじみのよい水分を配合しているので、皮膚に入れてもブロックされずにスーッとなじんでいき、角質層にまで潤いを届けてくれるんですね。

一度角質層に潤いが到達すれば、角質層自体で潤いを捕まえる力があるので、あとは軽く保湿をするだけで水分をキープできますよ。

アクアフォースの詳細については、以下のページをご覧になってみてくださいね。

乾燥ジワ(小じわ)を解消する化粧水 >>

小じわのケアって、どうすれば良い? >


お肌の調子、最近悪くなっていませんか?

「どうも、お化粧のノリが悪い」「疲れたらすぐに肌が荒れる」

朝から育児に家事に忙しくしていると、なかなかお肌の手入れまで回らないかもしれません。

ですがお肌の衰えは確実にやってきますし、肌の調子が悪いのをほおっておくと後でツケが回ってくるかもしれません。

特に日々イライラしたり、疲れることが多いとますますお肌の調子は悪くなります。

女性は特に30代から「同じ年齢でも、見た目に差がつく」ようになります。

同窓会にいっても、ずっと若々しくて憧れる人と、「疲れちゃったな・・」という人の差が目立つもの。

「忙しいから・・」ということで、ケアを後回しにしていると、どんどん回復させるのが難しくなります。

このまま「疲れたオバサン」になるのは、避けたいものです・・。

忙しくても、しっかりお肌のお手入れをしたい。でも忙しいし、化粧水や乳液も肌に入っていかない・・そんな方は、下記のページを参考にしてみてください。

お肌の調子が悪い"本当の原因"と、若さをキープするケアについて >>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて