姿勢が悪いとお腹にしわができる|猫背の解消の仕方

お腹に「しわ」が出来てしまって、みっともないと思っている方へ。姿勢を正せば「線」がつきにくくなりますよ!

顔にできるシワも嫌だけど、お腹にできるシワもみっともないもの。友達と一緒に温泉にいくこともあったり、夏場は水着になったり。彼もしくは旦那さんに見られても恥ずかしいですよね・・

そもそもどうして、お腹にシワができてしまうのでしょうか。そしてどう解消すれば良いのでしょうか。それらについて紹介したいと思います。

お腹にシワができる理由

腹筋のように、「割れ目」として線が出来る分には良いですが、女性であればつるんとしたお腹にしたいものですよね・・

シワができてしまう原因は、以下の通りです。

-PR-



1.姿勢が悪く、シワが寄りやすい

お腹のシワの、最も大きな原因はこれに尽きます。姿勢が悪い特に「猫背」になると”前のめり”になってしまいます。その結果、余った脂肪の割れ目の跡がつきやすくなるんですね・・

肥満体型でなければ、お肉の量に比例してシワがでるというワケでもありません。あくまで普段からの姿勢が大事になって来ます。

見方によっては、三段腹のように見えるから厄介ですよね。太ってはいないし、普通体型もしくは痩せている女性にとっては辛いものがあります。

猫背対策

普段から意識してしゃきっとした姿勢をとること。

猫背になるのは、腹筋が弱くて縮こまってしまうから。あと、忘れていけないのは背筋です。こちらは両方バランス良く鍛えなければ姿勢を維持するのは難しくなります。

猫背を矯正する、背中用サポーターもありますので、猫背がなかなか治らない場合は、そういった器具を使うのも一つの方法です。

皮膚の弾力が弱くなっている

姿勢でめりこみ気味だったお腹。それをよりくっきりと浮き上がらせてしまうのが「皮膚の弾力不足」になります。

皮膚の弾力が不足すると、「戻ろうとする力」がないので、そのままくっきりとシワの線になってしまいます。この場合は全身用のスキンケアで、しっかり保湿をすることが必要になります。

-PR-




お肌の調子、最近悪くなっていませんか?

「どうも、お化粧のノリが悪い」「疲れたらすぐに肌が荒れる」

朝から育児に家事に忙しくしていると、なかなかお肌の手入れまで回らないかもしれません。

ですがお肌の衰えは確実にやってきますし、肌の調子が悪いのをほおっておくと後でツケが回ってくるかもしれません。

特に日々イライラしたり、疲れることが多いとますますお肌の調子は悪くなります。

女性は特に30代から「同じ年齢でも、見た目に差がつく」ようになります。

同窓会にいっても、ずっと若々しくて憧れる人と、「疲れちゃったな・・」という人の差が目立つもの。

「忙しいから・・」ということで、ケアを後回しにしていると、どんどん回復させるのが難しくなります。

このまま「疲れたオバサン」になるのは、避けたいものです・・。

忙しくても、しっかりお肌のお手入れをしたい。でも忙しいし、化粧水や乳液も肌に入っていかない・・そんな方は、下記のページを参考にしてみてください。

お肌の調子が悪い"本当の原因"と、若さをキープするケアについて >>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて