顔のシワを解消するスキンケア|悩み別におすすめのものを紹介!

シワのお悩み別に、どのスキンケアが良いのかを紹介します。

シワと一口にいっても、できる原因はさまざまですので、当然それに合った対策をしなければなりません。

管理人が実際に試したスキンケアも含めて、どれが良いのかについて紹介します。

1.乾燥ジワ

乾燥によるしわは、保湿をしっかりすれば解消すると考えている方も多いです。

それで無くなればよいのですが「なかなか無くならない・・」という方も、多いのではないでしょうか。

「化粧水をつける量が足りない」「保湿成分が弱い」のではなくて、他に原因があるのです。

肌に潤いを与えるには、化粧水で水分をたくさん与え、乳液やクリームで保湿する。

この流れが一般的だと思います。その中で見直すべきは「化粧水でのケア」。

“保湿力”を気にする方が多いですが、実際は”保水力”が足りていないケースの方が多いという事実。

化粧水をバシャバシャつければ、一見水分はたっぷり入っているように見えます。

ですが・・。

普通につけても、「角質層」まで十分に行き渡っていないケースが多いのですね。

その証拠に、つけた直後は潤っている。でもメイクをして時間がたたないうちにつっぱり感が出る。

日中からカラカラになってしまう。こんな経験は、ありませんでしょうか。

角質層に潤いが蓄えられていれば、簡単には乾燥しません。

肌を角質層まで潤わせるには、まずは化粧水が大事です。ただ、闇雲に使っていても浸透しないのが悩ましいところ。

どうして普通につけても潤わないのか。

肌には角質層が作る「肌バリア」があり、外部からの刺激を防ぐ働きがあるのです。

肌バリアを通すものでないと、角質層まで十分に浸透しません。

市販の安い化粧水をバシャバシャ使っても、すぐ乾燥するのはこのためなのですね。

では、どういった化粧水を使うのが良いのでしょうか。

浸透力のある化粧水なら「アヤナス」

市販の安い化粧水をじゃばじゃば付けている・・という方は、化粧水を見直してみるのも一つです。

化粧水を見直す際に「アヤナス」を候補に入れてみるのも良いです。

ポーラ・オルビスグループのブランド「アヤナス」をご存じでしょうか。

もともとは敏感肌の方向けに作られているものですが、普通肌の人でも愛用されているものです。

その理由は・・

アヤナスは「化粧水の浸透力」が優れているから。

とろみがあるのに浸透が早くて、しっかりオモチが膨らんだんです。他の化粧水はふくらみが中途半端のものばかりでしたが・・

市販の化粧水でも、「セラミド」だ「ヒアルロン酸」だと言っていますが、実際に結果があるものの方が信用できるのではないでしょうか。

ドラッグストアで買える数百円の化粧水の方がお手頃。でも結局、潤わないものを使い続ける方が、結局は損になります。

▲ページのトップへ

2.表情ジワ

乾燥によるシワと並んで、悩まされる人も多い「表情ジワ」。

無表情にしていれば目立たないのに、笑ったりしかめっつらをするなど、顔を動かすとハッキリ刻まれてしまいます。

この場合、単純に保湿をしても意味がありません。

表情を動かすときに、皮膚の土台となる筋肉が動きますが、その筋肉に引っ張られる様にして皮膚が大きく動くのが原因だからです。

弾力があるうちは、それほど目立つこともありません。

加齢で徐々に肌の「コラーゲン」が失われると、弾力が失われ表情ジワができやすくなります。

一般的な解消法は、表情を動かすときの筋肉の動きを抑えることで、皮膚が必要以上に動かないように抑制します。

美容整形でボトックス注射を行う治療もあります。

ですが施術者の技量に左右されることと、持続期間が半年という点がネックです。

自宅でボトックスと同等の効果が得られる成分に「シンエイク」があります。

もともとは毒蛇が相手の動きを抑えるために使う毒からヒントを得て、筋肉の動きを抑える成分として開発されました。

もちろんシンエイクに毒は入っていませんので、副作用はありません。

シンエイク入りのスキンケアの中では、評判の良さと価格と品質のバランスが優れた「SAKリンクルセラム」が良いです。

少しの量で伸びも良く、べたつかないのでいつものスキンケアにプラスできるので、重宝できそうです。

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて