笑うと頬に細かいシワが出来て困っている|肌の弾力を取り戻すには

AG136_L

笑ったときに、頬がくしゃっとシワになるのは、恥ずかしいですよね。

人によっては、猫のヒゲみたいに見えることもありますし。えくぼだったらまだ、愛嬌があるかもしれませんが。

見た目も気になりますが、メイクがよれやすくなるのも避けたいところ。

せっかく時間をかけてお化粧したのに、その部分だけ崩れたらお化粧直しも大変。

実は頬に細かいしわができるのは、日頃のケアに問題があるのです。

どうして”ほっぺた”のあたりに細かいしわができてしまうのか。どうケアすればよいのかをまとめました。

細かいシワができるのは、2つの原因がある

頬にできるシワは、「乾燥」することが一番の原因です。

乾燥するとできる、小さくて細かい「ちりめんジワ」。別名”小じわ”。老けて見える原因になるから、厄介ですよね。

笑うと一層”くっきりと”シワが見えるので、弾力不足による「表情ジワ」と勘違いされやすいもの。

ですがほとんどのケースが「乾燥によるシワ」です。

頬の部分が乾燥するとは、思っていないかもしれません。

たしかに顔の中でも、頬の皮膚の厚みは1.5mm。最もうすいまぶたと比べても、およそ2.5倍の厚みがあることがわかりました。

皮膚が厚いと言うことは当然、水分を蓄える「角質層」も十分な厚みがでますからね。

角質層に厚みがあるほど、水分が表面から逃げにくくなるから乾燥しにくくなるもの。

にもかかわらず、乾燥ジワができてしまうのはなぜなのでしょう。

日頃のケアとスキンケアに問題があるのです。

日頃のケアが、乾燥を進行させる

まずは日常のケアから。

わたしたちは普段何気なく、以下のことをしています。洗顔でゴシゴシ顔をこすったり、化粧水でバシャバシャ顔にかけたり、指でマッサージしたり。

“よかれ”と思ってやっていることが、実は乾燥する原因になってしまうのです。

皮膚は思っている以上に、デリケートなもの。

「こする」「たたく」「抑え付ける」ケアをすると、皮膚の角質層がダメージを受けてしまいます。

ダメージを受けると、角質層は自らを守るために「固く厚く」なってしまうのです。(角質肥厚)

皮膚の角質層が固くなると、いくら化粧水や美容液をつけても、奥まで浸透しません。

もともとお肌がキープしている水分量には限りがあります。スキンケアで補えないと、水分は不足しカラカラに。

見た目には変化がでませんし、頬の皮膚は丈夫そうに見える。だから、ついつい無茶をしてしまいがち。でもそれが良くありません。

スキンケアも乾燥の原因

わたしたちが日ごろ使っているスキンケアにも、乾燥の原因がひそんでいます。

肌が乾燥してしまうのは、保湿よりも「保水」に原因があることが多いです。

つまり、クリームや乳液に力を入れる以前に、化粧水で潤いを与えるケアのこと。

空っぽのバケツに、いくらフタをしても意味がありませんから。

化粧水も「量をたくさんつければ良い」と思っていませんか?

間違いではないのですが、皮膚の角質層には「肌バリア」がありますので、簡単には水分を通しません。

たくさんつけたわりには、角質層の中に水分が入らないので潤っていないのです。

保湿よりも、まず「化粧水」を見直してみるのも一つ。

浸透力が良い化粧水をさがしていたところ、「アスタリフト」の評判が良いので気になりました。


アスタリフト

あの、富士フイルムのスキンケアブランドです。

CMもやっていて、名前はすっかりおなじみのブランドに成長しましたよね。

異業種から参入して、まさかこんなに定番ブランドに成長するのはビックリですけど。

アスタリフトは、富士フイルムが持っている「ナノテクノロジー」の技術を応用して成功をおさめています。

フィルムの表面には、コラーゲンなどの微粒子を塗るという作業工程があるのですが。

いろいろな種類の微粒子を扱う技術を応用させて、スキンケアを製造しています。

角質層に入り込ませるコラーゲンを作るのは、お手のものなんですね。

だから一般的な化粧品にはない、「角質層にしっかり浸透する成分」が作れます。

だからいろいろなところで、「浸透力が全然ちがって、肌が潤う」という評判を得ているのですね。

わたしの周りにも、すっかりアスタリフトにはまった友人がいますし。

おもしろいのは、化粧水だけでなくて、化粧水の前につける「ジェリー」というのもあります。

ゼリーのようなジェリー。ちょっと紛らわしいネーミングですが。

今使っている化粧水を変えたくないならジェリーを、スキンケアから見直したいなら化粧水を使うのが良いかもしれませんね。

しあわせジェリー体感キット

アスタリフト トライアルキット

-PR-


体の内側からも「お肌のケア」、してますか?

スキンケアで保湿するのも大事ですけど、体の内側からもケアしないと意味がないですよ。

お肌は30過ぎたらコラーゲンを作る能力が、どんどん衰えてしまいます。コラーゲンがないと弾力がなくなって、しわもできるし乾燥しやすくなる。

スキンケアではコラーゲンのある真皮にまで届かない。コレは常識。

「お肌の老化って、一気に来るよ」と母に言われていたから、スキンケアだけで安心してちゃダメだと思うんです。

わたしはコラーゲンサプリとして、「すっぽん小町」を飲んでいます。某芸能人のブログで見かけたのがきっかけで、飲んでみました。

もともと乾燥肌でなぜか生理前には肌がざらざら。おまけに毛穴も目立って夕方になると小じわが浮かび上がって化粧崩れがひどかったのですが、4日続けて飲んだら毎日つるつるをキープできるようになりました。

この調子がどこまでキープできるかわからないけれど、わたしには合っていたようです。飲んだ後でも返品できるので、とりあえず試してみてよかったなと思いました。


すっぽん小町

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて