パタカラでオトガイ筋は鍛えられる|顎のしわが気になる女性へ

q2

口を閉じると アゴにシワができてしまい目立ってしまう。そんな悩みを持つ女性へ。

「パタカラ」を使うことで アゴのしわの原因になる『オトガイ筋』の衰えを改善することができますよ。

パタカラの説明をする前に、あごの凹凸シワができる原因をおさらいしましょう。

アゴのしわは「オトガイ筋」が原因

普通に口を閉じているだけでも、まるで「梅干し」が出来たみたいにボコボコになってしまう。

オトガイ筋という「下アゴと下唇の間を縦に結ぶ筋肉」に無理がかかっているからです。

前歯が出ている もしくは 下顎が後退していると、口を閉じるときにオトガイ筋に力が入ってしまいます。筋肉に力が入って震えるから「シワ」ができたように見えてしまうんです。

オトガイ筋自体を鍛えてあげることで、口を閉じても余計な力が入らずシワが出来なくなります。

パタカラの使い方

「パタカラ」はあひるの様に 口にくわえて使う器具になります。

くわえたまま口を閉じることによって、口の周りにある「表情筋」である「口輪筋(こうりんきん)」を鍛えることができます。

口輪筋とオトガイ筋は繋がっていますので、パタカラを使って口の開閉運動をすることで、『同時にアゴの凹凸対策にもなる』というワケです。

器具を使わずに手のひらを使って、外側から鍛えるという方法もあります。ですが外側から触ると、筋肉の上に乗っている皮膚に刺激を与えることになり、皮膚を痛める危険があります。

パタカラであれば、顔の「内側」から直接筋肉に負荷をかけることができます。マッサージよりも効果は格段に違うのは、何となくイメージできるかと思います。

口周り全体の筋肉を使うので、顎の凹凸以外にも「引き締まった」顔になるというプラスの効果も。口を閉じる強さは調整できますので、徐々に負荷を上げることも可能です。

ただ口周りが疲れるので、ちょっとした筋肉痛になることもあります。その分、しっかり鍛えられていることの裏返しでもありますが。

オトガイ筋を鍛える方法としては、『オトガイ筋を鍛える美顔器』を使うという方法もあります。

こちらは無理して鍛えるというよりも、あてるだけでいつの間にか鍛えられているという簡単さ。

本格的に鍛えたいなら「パタカラ」を、無理なく続けたいなら美顔器が良いかもしれませんね。

オトガイ筋を鍛える美顔器⇒

-PR-



お肌の調子、最近悪くなっていませんか?

「どうも、お化粧のノリが悪い」「疲れたらすぐに肌が荒れる」

朝から育児に家事に忙しくしていると、なかなかお肌の手入れまで回らないかもしれません。

ですがお肌の衰えは確実にやってきますし、肌の調子が悪いのをほおっておくと後でツケが回ってくるかもしれません。

特に日々イライラしたり、疲れることが多いとますますお肌の調子は悪くなります。

女性は特に30代から「同じ年齢でも、見た目に差がつく」ようになります。

同窓会にいっても、ずっと若々しくて憧れる人と、「疲れちゃったな・・」という人の差が目立つもの。

「忙しいから・・」ということで、ケアを後回しにしていると、どんどん回復させるのが難しくなります。

このまま「疲れたオバサン」になるのは、避けたいものです・・。

忙しくても、しっかりお肌のお手入れをしたい。でも忙しいし、化粧水や乳液も肌に入っていかない・・そんな方は、下記のページを参考にしてみてください。

お肌の調子が悪い"本当の原因"と、若さをキープするケアについて >>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて