寝てるときに眉間にしわがよる|額の表情じわを解消する3つの方法

AG093_L

寝ている時に、眉間にしわを寄せながら寝ているみたいでショック・・。だから普段からも 額部分にしわが寄りやすいのかな・・

自分では普段の「素」の表情しかしらない人がほとんど。スキンケアやメイクをするときなんかは、そのままなにも表情を作らずに メイクをするのものだから。ある意味当然かもしれません。

眉間にシワがよることを「表情じわ」といいます。

たとえば、笑ったりおこったり 悲しい顔をしたりするときに、顔の皮膚の一部が よることによって起きるもの。

>今回のケースでいえば 寝ている時に無意識に「しかめっ面」になっていて、それが眉間に刻まれてた状態。

普段でも考え事をしている人に 出来やすいもの。半分癖になっていることが多いです。

シワが見えるのが嫌だから、前髪を眉毛の所まで伸ばして目立たなくしていていたりしてません?

隠すのも必要ですが、このままだと普段の表情でもシワがくっきり見えてしまいますよ・・。

その原因と、対処方法を紹介していきたいと思います。

表情じわが起きる原因

加齢とともに 皮膚の弾力が弱くなってしまうことも一つの原因です。ただ、根本にあるのは「筋肉の使いすぎ」という点です。

表情を変えるときは、顔にある「表情筋」と呼ばれる筋肉を使います。

表情筋を”使いすぎる癖”がある人は、その分だけ筋肉の上にある皮膚が動いて、シワがくっきり刻まれてしまいます。

-PR-


眉間のシワを解消する方法

保湿をする

根本の原因は筋肉なのですが、肌が乾燥しているとシワがさらにくっきり目立ちます。なので、保湿もしっかり行いましょう。

眉間にテープを貼る

寝る前に セロテープなどを使って眉間の間にテープを「縦」に貼っていきます。こうすることで無意識にしかめても、シワの癖がつきにくくなります。

皮膚が弱い人は 眉間が荒れやすくなってしまいますので、セロテープ以外の「肌に優しい材質のもの」で代用すると良いかもしれません。

医療用テープが売られていますので、それを使ってもイイと思います。

寝るとき以外にも 家にいるときに眉間に貼っておくと、そうした癖を軽減できるので オススメです。

普段から目が悪い女性は しかめっつらが癖になっているので、そうしたことも頭に入れておくと良いでしょう。

スキンケアで表情ジワを解消

表情ジワを根本から解消するには、スキンケアを行うのが効果的です。

シンエイクと呼ばれる成分が「表情じわ」対策には効果的です。使いすぎている「筋肉を柔らかくほぐす」効果が期待できるからです。

表情ジワ対策には、ボトックス注射と呼ばれる方法が一般的ですが、シンエイクでもボトックスに匹敵する効果が得られます。

シンエイクを使ってみた感想 >>

p>-PR-



お肌の調子、最近悪くなっていませんか?

「どうも、お化粧のノリが悪い」「疲れたらすぐに肌が荒れる」

朝から育児に家事に忙しくしていると、なかなかお肌の手入れまで回らないかもしれません。

ですがお肌の衰えは確実にやってきますし、肌の調子が悪いのをほおっておくと後でツケが回ってくるかもしれません。

特に日々イライラしたり、疲れることが多いとますますお肌の調子は悪くなります。

女性は特に30代から「同じ年齢でも、見た目に差がつく」ようになります。

同窓会にいっても、ずっと若々しくて憧れる人と、「疲れちゃったな・・」という人の差が目立つもの。

「忙しいから・・」ということで、ケアを後回しにしていると、どんどん回復させるのが難しくなります。

このまま「疲れたオバサン」になるのは、避けたいものです・・。

忙しくても、しっかりお肌のお手入れをしたい。でも忙しいし、化粧水や乳液も肌に入っていかない・・そんな方は、下記のページを参考にしてみてください。

お肌の調子が悪い"本当の原因"と、若さをキープするケアについて >>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて