日焼け止めを塗るとアトピーが悪化する|脱・日焼け止めのススメ

日焼け止めを塗りたくても塗れない。アトピーもちだど、どうすればお肌と日焼けから守れるんだろう。

紫外線の強い季節には、日焼け止めを使うのが良いとわかってる。でも肌が弱いと、塗ること自体嫌になってしまいませんか。

SPFやPAが弱い物だったら、焼けてシミになる。でも少しでも強いのにすると、肌が負けてしまって乾燥したりかゆみがでる。悩ましいですよね・・

塗ったあとに、汗を掻くとさらに痒くなるのも辛いですよね。

アトピー持ちで、肌が荒れやすい人の紫外線ケアは何をすればよいか。紹介します。

敏感肌用の日焼け止めってないの?

スキンケアだと、アトピー・敏感肌向けのものってありますよね。

日焼け止めだと、紫外線散乱剤を使ったものが該当します。

紫外線をそのままはじくタイプなので、肌の負担を減らすことができます。

ただデメリットは、散乱剤は粉体なので白くなりやすかったり、乾燥しやすかったりするところなんですよね。

ちなみに、紫外線吸収剤だと、高いSPFの値が出せます。ですが一回肌に取り入れてからなので、肌負担が起きてしまいます。

個人的には、日焼け止めを塗ることはオススメしません。肌に塗る物である以上、何らかの刺激になる可能性があるからです。

そもそも、日焼け止めを塗っても紫外線を100%防げることはありません。どんなに強いものを使ってもです。この点を勘違いしている人が多いです。

肌に塗るというアプローチではなくて、内側からアプローチするのも一つです。

紫外線を浴びたら浴びた分だけ、シミになると思っている方も多いかもしれません。ですがそうではなく、人によってシミの元メラニンができるかどうかが違います。

メラニンのできやすさが、シミやくすみなどの色素沈着の原因になってしまうのです。

紫外線をあびても、メラニンが作られる前にストップできるのがサプリメントです。

ここ数年で定番となりつつある、日焼け止めサプリ。肌が弱くて十分な紫外線対策が出来ない人のために、作られたものなのです。

日焼け止めは、肌に負担にならない程度に最低限塗る。足りない分をサプリでカバーするというのが、敏感肌の紫外線対策と言えるでしょう。

日焼け止めにお金をかけるくらいなら、サプリにそのお金を回した方が賢いですよ。


お肌の調子、最近悪くなっていませんか?

「どうも、お化粧のノリが悪い」「疲れたらすぐに肌が荒れる」

朝から育児に家事に忙しくしていると、なかなかお肌の手入れまで回らないかもしれません。

ですがお肌の衰えは確実にやってきますし、肌の調子が悪いのをほおっておくと後でツケが回ってくるかもしれません。

特に日々イライラしたり、疲れることが多いとますますお肌の調子は悪くなります。

女性は特に30代から「同じ年齢でも、見た目に差がつく」ようになります。

同窓会にいっても、ずっと若々しくて憧れる人と、「疲れちゃったな・・」という人の差が目立つもの。

「忙しいから・・」ということで、ケアを後回しにしていると、どんどん回復させるのが難しくなります。

このまま「疲れたオバサン」になるのは、避けたいものです・・。

忙しくても、しっかりお肌のお手入れをしたい。でも忙しいし、化粧水や乳液も肌に入っていかない・・そんな方は、下記のページを参考にしてみてください。

お肌の調子が悪い"本当の原因"と、若さをキープするケアについて >>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて