目から入る紫外線を防ぎたい|サングラス以外の対策ってないの?

紫外線って、目からも入ってくるというのは本当?

日焼けするのは、肌だけじゃない。太陽光が目に入ると、メラニンができて日焼けするという話があります。

サングラスをすればいいって話ですけど、外出の時にずっとかけていられない場合もあります。私は普段働いているので、通勤や外勤中にサングラスなんてできないし。

いくらお肌のためとは言っても、やはり得意先の人とか社内の人にサングラスであったら、良い印象は持たれないですよね。「何気取っているの?」と思われるのも嫌。

そもそも、紫外線って目から入ってくるものなんだろうか?と今ひとつピンと来ない自分もいたり。

・そもそも、目に紫外線が入ると悪いの?
・サングラスしないでも、紫外線対策ってできないの?
について、お話ししていきたいと思います。

そもそも、目に紫外線が入ると悪いの?

紫外線について調べてみたのですが、紫外線は目に入ると良くない!と断定されているワケではないのです。

もっとストレートにいうと、「本当かどうか、まだ誰もわかってない」ということ。

ブルーライトもそうですよね。一部の人が「目に良くない」といっているだけで、それが正しいと証明されていないんですよ。

さらにひねくれた見方をすると、「紫外線が目に良くない」とサングラスメーカーがあおっているだけという話もあります。

無駄に不安をあおって、サングラスをもっと買わせようとする話。さすがにそこまでいやらしいことは、してないと信じたいですが。

もし目に良くないとすれば、どんな理屈なのでしょうか。

紫外線が目に入ると、目がダメージを受ける。その時に目を守るためにメラニンがでてきて、シミの原因になる。

ネズミで実験されたみたいなのですが、人間ではまだ実験していないのです。だからどこまでメラニンができるのか、そもそもできないのかがわからない。

もっと言ってしまうと、もし目からの紫外線がメラニンを作ってしまうなら、服で体が隠れている場所からもシミができてしまいますよね。

でも実際は、肌が露出している場所からしかシミはできない。なので、少なくとも目から受ける紫外線ではメラニンが大量に作られることがないということ。

結論:やっておいた方が無難。でも、優先順位は低い。

紫外線はたしかに恐ろしいですが、目から入るものはそこまで恐れる必要がないと思います。

目を過剰に気にするよりも、顔とか手とか、肌が露出する場所を入念にケアした方がいいのではないでしょうか。

サングラス以外の、紫外線対策は?

それでも、目に入る紫外線をしっかり抑えたいという方へ。

サングラスをしたくてもできないときは、他にどういうケアがあるのでしょうか。

・UVカットする普通の眼鏡
・帽子や日傘でも、目に入る光の量は抑えられる
という、定番どころはありますが。

方法の一つとして、日焼け止めサプリを飲むのもアリだと思います。

ここ1,2年で有名になってきたものなんですけど、海外では当たり前のように飲んでいるものなんですね。向こうの方が日差しが強いという事情もありますけどね。

この手のサプリって、「メラニンをいかに作られないか」とコンセプトに作っているんですね。紫外線を受けるのは仕方ない。でもメラニンをできないようにする。

日焼け止めとはアプローチが違うんですよ。日焼け止めは、いかに紫外線を通さないか。サプリは、紫外線が通ったあとで、被害をいかに食い止めるか。

ホワイトヴェールというサプリなら、メラニン対策だけでなくて、目の紫外線ダメージを防ぐ「ルテイン」も入っています。

普通の日焼け止め対策にもなるし、目のケアにもなる。サプリを考えているなら、ホワイトヴェール一沢です。


お肌の調子、最近悪くなっていませんか?

「どうも、お化粧のノリが悪い」「疲れたらすぐに肌が荒れる」

朝から育児に家事に忙しくしていると、なかなかお肌の手入れまで回らないかもしれません。

ですがお肌の衰えは確実にやってきますし、肌の調子が悪いのをほおっておくと後でツケが回ってくるかもしれません。

特に日々イライラしたり、疲れることが多いとますますお肌の調子は悪くなります。

女性は特に30代から「同じ年齢でも、見た目に差がつく」ようになります。

同窓会にいっても、ずっと若々しくて憧れる人と、「疲れちゃったな・・」という人の差が目立つもの。

「忙しいから・・」ということで、ケアを後回しにしていると、どんどん回復させるのが難しくなります。

このまま「疲れたオバサン」になるのは、避けたいものです・・。

忙しくても、しっかりお肌のお手入れをしたい。でも忙しいし、化粧水や乳液も肌に入っていかない・・そんな方は、下記のページを参考にしてみてください。

お肌の調子が悪い"本当の原因"と、若さをキープするケアについて >>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて