鼻の横しわが出来て老けて見える|シワの種類を見極めて最適な美容法を

AG172_L

鼻のあたりに、横シワが出来てしまった・・。

これがあるだけで かなり年上に見られてしまう。どうやって解消すればいいのでしょうか?

すっと線が入ったようになって、メイクをしてもその部分がうっすら目立つから厄介なもの。

このシワができる原因を分けると、真皮ジワ or 表情ジワ or 乾燥じわ or ほうれい線。この4つのいずれかに該当するからややこしいんです。タイプ別にその原因と、対処方法を紹介します。

タイプ別の原因と対処方法

1.乾燥じわ

いわゆる小じわやちりめんじわと呼ばれるものです。シワ自体が細かく細ければ乾燥じわの可能性も。保湿してあげるとすぐに消えますので問題はないです。

お風呂上がりに鼻横に皺がなくなっていれば乾燥じわの可能性が高いでしょう。

あとは、鼻の周りの質感が、和紙のようにしわくちゃになっていないか。シワのあたりにつっぱり感がないか、という点でも判断出来ます。

乾燥ジワを解消するスキンケア >>

2.表情ジワ

普段もうっすら出来ていて 笑った時になると更に深くなる。こうした場合は、表情を崩したときにできる「表情ジワ」。

元はお肌の弾力不足なので1と同じ原因なのですが、同じ場所ばかりに跡がついて固まっている状態。なのでシンエイクなどの美容液で、固まっているシワをほぐしてあげることが重要となります。

表情ジワを解消するスキンケア >>

3.できはじめの法令線

皺のように見えても、実際は「たるみ」だったということがよくあります。

小鼻の横から口角に向かって伸びているのであれば、「ほうれい線」の可能性が高いです。

まだ短く出来はじめだと ほうれい線と気づかないケースもありますので、できる場所をしっかりと確認してみましょう。

4の様に弾力を取り戻すケアも重要ですし、皮膚の下にある表情筋の衰えも原因なので手を触れずフェスニングや美顔器でのケアを入念に行っていきましょう。

4.真皮ジワ

お肌の真皮にあってコラーゲンが弾力を生み出す場所。加齢によるコラーゲンの減少や 皮膚に無理な力を加え、断裂して皮膚の形が歪んでできるシワのことです。

30歳を境にコラーゲンの量も減少してくるので、皮膚が歪んでシワが出来るケースがあります。

この場合には皮膚の弾力を取り戻すスキンケアとして、ビタミンC誘導体やレチノール入りの化粧水を使い、お肌のコラーゲンの生成を助けてあげましょう。

さいごに

基本的に1→2の順番でチェックしていき自分がどれに該当するのかをチェックしていきましょう。3と4で迷うかもしれませんが 出来た場所によって判断するのが良いかと思います。

それぞれのシワのタイプに応じて、おすすめのスキンケアをまとめてみました。興味がある方は、一度ご覧になってくださいね。


~しわ対策を、体の内側からはじめるのも一つ~

「年々、シワが深く刻まれてきて気になる・・」
「スキンケアやメイクをがんばっても、すぐ目立ってしまう・・」

年齢とともにシワが気になるのは仕方ないですけど、できることはやっていきたいですよね。

シワが深くなるのは、体内でのコラーゲン生成量が減少するのが原因です。

スキンケアでは真皮まで届かないので、口から摂り入れるしか方法がありません。

ただ、経口摂取だと「コラーゲンがアミノ酸に変わるので、意味がない」。

だから、コラーゲンをそのまま補うサプリより、「コラーゲンの生成を助ける」サプリの方がいいです。

体内でコラーゲンが作られていますので、その原料を与えてあげるサプリがあるんですね。

コラファクト87000」というサプリが、コラーゲンの生成を助けるものなんですけど。

ただ正直「どこまで本当なの?」という突っ込みが入るかと思います。

そもそも美容の世界自体、どこまで本当でどこまでウソなのかが”あいまい”」なのです。

コラーゲンサプリを飲むことで、効かないことも当然あります。でも、「劇的にシワが改善して良くなる」可能性もあるわけです。

信じて試した人だけが、結果を手にすることが出来る世界ですからね-。

もしこれから、シワがなくなってメイクのりバッチリの素肌に生まれ変わったとしたら・・考えただけでもウキウキしてきませんか。

「お金を失う」というリスクはありますけど、スキンケアだって美のためにお金がかかりますからねー。サプリは薬ではないので、副作用というリスクがまったくない。

信じられないならやめた方がいいです。でも、若々しい自分を取り戻す可能性にかけてみるというのもアリかもしれません。

シワが目立たなくなってツルツルの素肌になったら・・周りの男性の、自分を見る目が変わったら・・

コラーゲンを生み出すサプリ「コラファクト87000」

-PR-


イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて