鼻や口回りの皮むけで困っている方|乾燥肌のケアの仕方

AG089_L

鏡で自分の顔をみたら、皮がむけていてウンザリする毎日を過ごしていませんか?

お風呂上がりや朝起きた時。鼻のヨコや口の周りからポロポロ白い皮がこびりついているような状態。

見つけた瞬間、ホントにイライラしますよね。なんでこんなものができるんだ!って。

指でつまんだり、ピンセットでつまんで取り除いたり。皮剥けしている部分だけ、水に濡らしてなじませたりするむなしさ。

せっかく時間をかけてケアしても、時間がたったらまた出てきて・・の繰り返しがやるせない。

皮むけしてしまうのはどうしてなのか、どうやったら乾燥と皮むけしなくなるのか。調べてみました。

どうして皮がむける?

皮がむけてしまうのは、「乾燥」しているからといのは誰でもわかりますよね。

じゃあなぜ、乾燥すると皮がむけてしまうのか。もう少し突っ込んで調べてみました。

わたしたちの皮膚の表面は、角質細胞が何重にも重なってできているのですね。ミルフィーユのように層になって作られているもの。

角質層は、3つの層が積み重なってできています。角質細胞が一番外側にあって、その内側に「NMF」と言う水分を蓄える部分。

角質細胞とNMFをくっつけているのが「セラミド」と呼ばれるもののようです。

乾燥してしまうと、真ん中にあるNMFが蒸発してしまいます。NMFがないと、残った角質細胞とセラミドがくっつく場所がなくなって、はがれてしまいます。

角質細胞が一番表面にありますから、それがはがれることで「皮むけ」ができてしまうのですね。

鼻や口周りはTゾーンでは?

でも、ここで一つギモンがわいていきました。乾燥が原因なのはわかるけど、もともと鼻や口周りは皮脂がたくさんでる「Tゾーン」なのではないでしょうか。

皮脂がたくさんあると、その分乾燥を防げるはず・・なのに、どうして乾燥してしまうのだろう?と思いました。

確かに皮脂は保湿する働きがありますけど、そもそも水分が蓄えられていないと、いくら保湿しても「中がからっぽ」だから意味がないのですね。

皮脂がたっぷり出る=乾燥しない というわけではないとのこと。もともと乾燥肌だったり、スキンケアでゴシゴシこすって角質層を傷めると、乾燥してしまうのだとか。

どうすれば乾燥は防げる?

乾燥をふせぐために、乳液やクリームなどを小鼻や口周りに塗っている方も多いのではないでしょうか。

でも、ケアしている割にはサッパリ効果がない・・という”もどかしさ”をお持ちだと思います。

実はわたしも、オイルを塗ってだめだから今度はワセリン・オロナインを塗ったのですが。相変わらず鼻と頬の間の皮むけがひどくて。

どうしてなんだろう?もっとよい物を使わないと駄目なのかな?と思っていました。

調べていくと、そもそも「油分があるもので保湿」するのは効果がない。むしろ乾燥を早めてしまうということがわかりました。

どういうことかと言いますと。

皮むけしているのは、角質細胞の表面がはがれてしまっていることは、すでにお話させてもらいました。

はがれている状態のところに、さらに油分を追加してしまうと中の「セラミド」が奪われてしまうことになるのですね。

セラミドは脂質という油分なので、クリームなどの油に溶けやすいという性質をもっています。

角質細胞をつないでいるセラミドが溶け出すと、ますます中身がスカスカになってしまい「皮むけ」しやすくなるのですね。

皮むけを防ぐには、まずは水分を与えるケアをしっかり行うことが大事です。NMFがしっかり潤えば、セラミドと角質細胞がしっかりくっつきます。

この状態で肌に油分を与えることで、セラミドが失われずに皮膚に「フタ」をすることができるのですね。

お肌にうるおいを与える保水ケア、意外とできているようでできてないもの。わたしも化粧水をたくさん付けていれば大丈夫なのかな、と思っていましたが。

実際は、化粧水をただたくさん付けるだけでは駄目のようです。その理由は、角質層自体が「肌バリア」と言って、外部からの異物を受け付けないようにブロックするからです。

スキンケアであっても、簡単に水分を中に通さないようですね。だから市販の化粧水を使っても、すぐに乾燥してしまうということが起こるようです。

では、どういう化粧水を使えば良いのか気になるところ。化粧水選びのポイントは、肌にしっかり浸透させる技術を使っているかという点なのだそうです。

とはいっても、どの化粧水も「浸透します」というメーカーのうたい文句があります。どれも良さそうに思えて、消費者側からするとどれがいいかわからないですよね・・

そんな時は、「実際に使って浸透するもの」の情報が一番だと思いません?

実際にわたしが使って、本当に浸透を実感できたのは「アヤナス」です。

ポーラ・オルビスグループから発売しているブランドの1つ。

もともとは敏感肌の人向けに開発されたものですが、“化粧水の浸透がバツグンに良い”ことから乾燥肌の方も愛用しています。

実際に私(管理人)も、付けてみましたが・・

今までの化粧水とは、明らかに肌につけた感触が違います。

それくらいモノが違うのを感じました。

化粧水を付けると、肌に”スッと入る感じ”。”潤っている”というより、入る感触がわかるでもいいましょうか。

今まで自分が使っていた化粧水との質の違いが、つけただけでわかるんですね。

正直、化粧水なんてどれも同じで”たくさんバシャバシャ使えばいい”って思ってましたから。

アヤナスはトライアルセットもあるので、いきなり買うよりもまずはお試しすることをお勧めします。

アヤナス トライアルセット


お肌の調子、最近悪くなっていませんか?

「どうも、お化粧のノリが悪い」「疲れたらすぐに肌が荒れる」

朝から育児に家事に忙しくしていると、なかなかお肌の手入れまで回らないかもしれません。

ですがお肌の衰えは確実にやってきますし、肌の調子が悪いのをほおっておくと後でツケが回ってくるかもしれません。

特に日々イライラしたり、疲れることが多いとますますお肌の調子は悪くなります。

女性は特に30代から「同じ年齢でも、見た目に差がつく」ようになります。

同窓会にいっても、ずっと若々しくて憧れる人と、「疲れちゃったな・・」という人の差が目立つもの。

「忙しいから・・」ということで、ケアを後回しにしていると、どんどん回復させるのが難しくなります。

このまま「疲れたオバサン」になるのは、避けたいものです・・。

忙しくても、しっかりお肌のお手入れをしたい。でも忙しいし、化粧水や乳液も肌に入っていかない・・そんな方は、下記のページを参考にしてみてください。

お肌の調子が悪い"本当の原因"と、若さをキープするケアについて >>

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて