はじめに

当サイトでは 様々な対処方法があるシワについて
どのようにケアしていけば良いのかを紹介したいと思います。

・シワがあると老けて見える。
・しわのせいでコンプレックスになっている。
こうした方の悩みを解消するサイトを目指しています。

最近になって 顔に出来たしわが増えてきた・・
年のせいだから 仕方ないかもしれないけれど。
でも何とかしたいと思っている。

世の多くの女性を悩ませる 厄介な肌トラブル。
「しわ」が1本あるだけで 途端に老けて見えます。
それが年々増えてくるから 厄介なものですよね。

しわといっても 色々な種類のものがあります。
大きく分けると3つのタイプに分かれます。

1.表皮じわ

・別名「小じわ」とも呼ばれるしわのこと。
またの名を「ちりめんじわ」ともいいます。

・しわの中で もっとも対処がしやすいといえるでしょう。
お肌の皮膚の上側にある「表皮」部分に出来るしわ。
原因は「乾燥」によるものなんです。

・普段から乾燥肌の人は 乾燥によるしわができやすい。
また外部の環境によっても できやすくなります。
オフィスのエアコンだったり 冬場の乾いた風だったり。

・基本的に保湿を強化することが必要になります。

2.真皮じわ

・皮膚の奥深くにある「真皮」と呼ばれる場所で起こります。
加齢によるしわなので ケアするのは簡単ではありません。

・真皮にあるコラーゲンやエラスチンという部分が衰えてしまって
真皮の形が崩れてしまうんですね。その結果しわができる。

・他にもストレスや紫外線が原因で コラーゲンが減少して
真皮部分にしわが出来てしまうこともあります。

3.表情じわ

笑ったり しかめっつらした時には 顔の皮膚がくしゃっとなります。
そのときに出来てしまうしわのこと。

お肌の弾力不足が原因になっているので2.真皮じわの一種と
言うこともできます。

皮膚の弾力が無くなると しわが出来た部分が普段からも残り
くっきりと見えてしまうから 厄介なんです。

おわりに

以上 3つのシワのタイプを紹介しました。シワの種類によって
それぞれ必要な対策が違ってきます。

ケアの方法は「乾燥」「肌の老化」この2つをいかに解消するか。
それにかかってくると言えるでしょう。

小じわ対策には「乾燥」が 真皮じわ・表情じわには「肌老化」
対策として皮膚や筋肉の衰えを復活させるケアが不可欠。

しわ解消の第一歩として どういうものがあるか
正確に把握することが とっても大事なこと。

シワのない ツルツル肌を目指していきましょう!

イチオシのスキンケア

PR

当サイトについて